スピーカー

Sky Christopherson
OAthlete

ニューヨークタイムズでの呼び名は『神童』。全米での『40歳以下ヘルスケア革新トップ40』で5位に投票されたSky Christophersonは、1996年のオリンピックより前の米国サイクリング・チーム『プロジェクト96』のメンバーであり、世界記録保持者でもある。
サイクリングにおいて激烈なドーピング文化に失望し、2000年のオリンピックの後に引退。別の形でのより良い解決方法の模索に取り組み始めた。2011年には、エリック・トポル博士の影響を受け、パーソナライズされたデジタルヘルス技術の使用により世界記録を破ることに成功。国際的なメディアを受けて、現在はコンシューマー向けのモバイル・アプリへと発展。2012年のロンドン・オリンピックで米国女子自転車競技チームがメダルを獲得するのを援助したOAthleteの起源である。
Sky ChristophersonとOAthleteも脚光を浴びている受賞ドキュメンタリー映画『Personal Gold (2016)』は、2016年のリオ・オリンピックの間にリリースされて、世界中59カ国に配信されている。
フォーブズ、スポーツ・イラストレーテッド、Outside Magazine、NBCコムキャストで取り上げられる他、国際家電ショー、TEDx、チェルシー・クリントンを主演させているサンフランシスコHealth 2.0、エゼキエル・エマニュエル博士、QuantifiedSelf Global Conference、ベライゾンHealthcareとライフ・サイエンス・サミットを特徴としているニューヨークDigital Healthでもスピーカーとして活躍している。