スピーカー

武田秀樹
株式会社FRONTEO
取締役 CTO
行動情報科学研究所
所長


早稲田大学を卒業後、複数のベンチャー企業において自然言語処理(NLP)を応用したデータマイニング技術の開発に従事、その成果を用いた新規事業の立ち上げに携わる。FRONTEOではNLPを軸とする人工知能関連技術の研究・開発を主導し、人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」の開発に成功する。AI関連技術の普及を目指し、雑誌への寄稿、シンクタンクでの政策提言などにも積極的に取り組んでいる。